逆引きQ&A

  1. ホーム
  2. ドキュメント
  3. 逆引きQ&A
  4. アイテム

アイテム

アイテムとは

アイテムとは、会社が所有する備品や資産のことを指します。
アイテム登録時に、備品や資産の基本情報、取得情報、サポート情報をひとつにまとめることや貸し出した情報を記録することができます。
事前に「場所・組織・ユーザー」を登録しておけば、アイテムと使用場所、使用部門、使用者を関連づけることができます。

基本情報・取得・サポート・貸出について、以下で説明します。

「基本情報」

アイテムの名称や備品管理番号、カテゴリ、メーカー、型番、シリアル番号、アイテム名、付属品といったアイテムに関する詳細情報のことを指します。

基本情報としてアイテムの画像や保管場所を登録することができるので、アイテムが探しやすくなります。

「取得」

アイテムを購入やリース等で取得した際の情報を管理することができます。

取得方法(購入/リース/レンタル寄与・譲り受け/預り)や、契約期限、価格、業者情報、契約時の書類(見積書/稟議書/契約書/納品書/請求書/領収書)を登録できます。

「サポート」

アイテムに関する保証、保守、サポートに関する契約情報の管理や修理履歴を記録することができます。

保証期限や問い合わせサポート窓口の電話番号、保証書の登録ができるので、アイテムの故障時に必要な情報をまとめて管理できます。

「貸出」

アイテムをいつ誰が誰に貸して、どこで使用しているか、使用する部署や部門はどこか、貸出の期限はいつかといった情報を記録できます。

また、貸出申請から承認、返却までの管理ができます。
貸出申請の対象アイテムか、貸し出し時に総務担当者の承認が必要なアイテムかといった情報や、貸出記録の登録・確認ができます。

事前に「場所・組織・ユーザー」を登録しておけば、アイテムと使用場所、使用部門、使用者を関連づけることができます。

記事一覧

この記事は役に立ちましたか? はい いいえ

お知らせください