1. ホーム
  2. ドキュメント
  3. Assetz スタートアップガイド
  4. スタートアップガイド
  5. 棚卸計画を作成する

棚卸計画を作成する

Assetzの備品棚卸は、アイテムの個数や場所など、あらかじめ登録しておいた管理台帳としての情報と、実際のアイテムの状態とが一致しているかどうか確認するために行います。
毎月行う企業もあれば、年に1度だけという企業もあります。

管理者が棚卸計画を作成すると、棚卸実施者に向けて棚卸の依頼リストがメールで送られます。
棚卸実施者は、そのリストをもとにそれぞれ所在・状態を確認し管理者へ報告します。

実施者や管理者は、以下のように振り分けるようにしましょう。

・棚卸の実施者…棚卸対象アイテムの利用者や、共用アイテムの棚卸を担当している人
・棚卸計画を作成&完了させる管理者…総務担当や備品管理を担当している人
・棚卸責任者…棚卸実施者をまとめる部門のリーダー

また、管理者は備品に合わせて報告レベルを事前に設定することも可能です。
(報告レベルについては「報告レベルについて」をご参照ください)
 

棚卸画面について

ブラウザ版のAssetzにログインし、左側のメニューにある「棚卸」または「計画」から、棚卸の状況を確認することができます。

・棚卸…現在実施中の棚卸状況の詳細を確認したり、新しく棚卸計画を作成することができます。
・計画…過去の棚卸計画の閲覧ができます。

完了済みの過去の棚卸計画を複製して、新たな棚卸計画を作成することもできます。
 

新規の棚卸計画を設定する方法

1. Assetzにログイン

ブラウザでAssetzを開きます。

2. 棚卸メニューから新規棚卸計画を作成

左側のメニューの[棚卸]を開き、右下の[新規棚卸計画を作成]をクリックします。
(左側のメニューの[計画]をクリック→右上にある[新規作成]からでも棚卸計画の作成が行えます)

3. 棚卸計画の項目を入力

以下の各項目に入力し、棚卸計画の作成を進めます。

・棚卸計画のタイトル
・実施期限
・棚卸を実行する対象の場所
・棚卸を行う対象のアイテム

4. 棚卸責任者、実施担当者、報告レベルを振り分ける

棚卸対象アイテムのカテゴリを選択したら、アイテムごとに棚卸責任者、棚卸実施担当者、報告レベルの振り分けをします。
(担当者の振り分け方法については「棚卸計画の作り方をおしえて」をご参照ください)

5. 棚卸を依頼する

棚卸実施担当者と報告レベルを振り分け、[棚卸を依頼]をクリックすると、それぞれの実施者へ「Assetz棚卸実施依頼」のメールが送信されます。
(設定したリマインド期日にも、メールが届きます。)

この記事は役に立ちましたか? はい いいえ

お知らせください