1. ホーム
  2. ドキュメント
  3. Assetz 操作マニュアル
  4. 棚卸を行う
  5. 棚卸を完了する

棚卸を完了する

はじめに:棚卸の完了処理は「全権管理者」「一般管理者」「アイテム編集者・固定資産管理者」「アイテム編集者」の権限をもつユーザーが行えます

 
進行中の棚卸計画は、いつでも確認することができます。
実施担当者によって棚卸報告がされると、棚卸のダッシュボードに反映され、どれくらい進んでいるのかが一目でわかります。
進捗度が100%になったら管理者(棚卸計画を作成したユーザー)は、棚卸を確定し完了させましょう。

1. 棚卸のダッシュボード画面へ

Assetzにログインし備品管理ページにいくと左側にメニューがあります。
棚卸」をクリックします。

上部にある棚卸計画の名前の書かれたバーをクリックすると、実施中の棚卸計画が表示されます。

進行を確認したい棚卸名をクリックします。

2. 棚卸の進捗を確認する

枠の中に、棚卸の実施期限、対象の場所、実施担当者によって報告されたアイテムの数、棚卸未実施のアイテムの数、円グラフなどが記載されています。

すべての棚卸が実施され、要調整のアイテムが0になると、円グラフが100%と表示されます。

未実施はまだ棚卸の報告がされていないアイテムです。

要調整は一度棚卸報告はされたものの、再度報告が必要なアイテムです。
アイテムが要調整になっている理由は、要調整のタブをクリックし各アイテムの列を見ると確認できます。
要調整のアイテムがある場合は、棚卸実施を再依頼する、もしくは管理者が自身で棚卸を行うこともできます。
(再度報告してもらう方法はこちら(リンク貼り付け))

3. 棚卸を確定する

未実施のアイテムや要調整のアイテムがなくなり、円グラフが100%になっていれば、すべての棚卸実施が完了しました。

円グラフの右側にある「棚卸を確定」をクリックします。

「棚卸を確定すると」というメッセージが表示されます。

また、一定期間後に同じ内容で棚卸を実施したい場合は、今回作成した棚卸計画のコピーを作成しておくことも可能です。

コピーを作成する場合、「同じ内容の棚卸計画を3ヵ月後の実施期限で作成」のチェックボックスにチェックをいれます。

3ヶ月の部分をクリックすると3ヶ月/6ヶ月後/1年後のいずれかの実施期限を選択できます。

「確定して完了」をクリックします。

作成したコピーはAssetzの左側のメニューの「計画」に保存されています。
コピーした棚卸計画を開いて、「棚卸を依頼」をクリックすれば、今回と同じ棚卸責任者・実施担当者に依頼メールが送信されます。

これで棚卸は完了です。おつかれさまでした。

この記事は役に立ちましたか? はい いいえ