1. ホーム
  2. ドキュメント
  3. Assetz 操作マニュアル
  4. アイテムを登録する
  5. アプリでアイテムを登録する(製品ラベルから自動で入力)

アプリでアイテムを登録する(製品ラベルから自動で入力)

Assetz(アセッツ)にはアイテム登録をかんたんにするiOSアプリが用意されています。
(*Android用アプリは近日リリース予定)

iOSアプリのダウンロードはこちら

【製品ラベル】でかんたん登録

Assetzのアプリには、独自で開発した画像解析技術を搭載しています。
型番や製品名が書かれた製品ラベルを撮影するだけで、製品をすばやく特定し、製品情報が自動で入力されます。

今までの備品管理ツールにはつきものだった、アイテム登録時の“めんどう”を減らすことができます。

また、アプリをつかえば、アイテムに貼ってある備品管理シールやアイテムの状態を記録した写真を撮って、一緒に登録しておくこともかんたんです。
 

1. 製品ラベルの撮影画面へ

Assetzのアプリを起動しログインします。
右下の「+」ボタンをタップし「製品ラベルから自動で入力」を選択します。
製品ラベルから自動で入力

2. 製品ラベルを撮影

製品ラベルが画面中央の枠の中に収まるようにします。
画面下部の撮影ボタンの「◯」をタップします。
写真が撮影できていれば画面下部の「ラベルを読み取る」をタップします。
Assetz製品ラベルが読み取れたら「ラベルから推測された製品」リストが表示されます。
該当製品をタップします。

3. アイテム情報の入力

Assetzが製品情報を持っているアイテムであれば、製品ラベルを撮影するだけでアイテム名やカテゴリーなどの情報が自動でセットされます。
(緑色になっている箇所が自動入力された項目です)

製品情報が自動で入力

入力されていない項目は手入力します。

備品管理番号」には、会社で備品を識別・管理するためにつけている任意の番号をいれます。
数字、アルファベット、かた、カナ、漢字、記号が使用できます。
備品管理番号はアイテムを検索する際にも使われるので、他のアイテムと異なる番号を入れるようにします。

アイテム画像」には、全部で6種類の画像をアップロードできます。
画像を登録しておくことで、Assetzをつかうほかのユーザーがアイテムの状態を把握しやすくなり、貸出申請や棚卸を実施するときにも役立ちます。

全体がわかる外観」と書かれた枠をタップします。

その場でアイテムの外観写真を撮影する場合は「カメラで撮影」をタップします。
カメラで撮影

画面下部の◯ボタンをタップして撮影します。

撮影した写真をアップロードしてよければ、「アップロード実行」をタップします。
撮影してアップロード

「製品ラベル」「シリアルナンバー」「備品管理ラベル」の写真があれば、同じようにアップロードします。

なにも書かれていない枠内には任意の写真をアップロードできます。
故障時など、アイテムの状態に変化があったときなどは随時アップロードしておくと管理しやすくなります。

「シリアルナンバー」「備品管理ラベル」の写真があれば、同じようにアップロードします。

シリアル番号」には、製品1つ1つを識別するためにつけられている、固有の番号を入力します。
シリアル番号を入力しておくと、Assetzに同じ型番の製品が登録してあったとしても、シリアル番号から検索してどの個体かを特定するのがかんたんになります。

付属品」には、アイテムに付属していたものがある場合に入力します。
(例:ACアダプタ、単三電池2本 など)

備考」には、メモとしてアイテムに書き添えておきたいことがある場合に入力します。
備考に書いておくと、ほかのユーザーが貸出申請するときなどに参考にしやすくなります。
(例:【端子】USB Type-C×2 やや接続に不具合あり など)

ステータス」では、使用中や遊休、紛失などアイテムの状況を選択します。
ここで「遊休」が選択されているアイテムのみ、ユーザーが貸出申請を行えます。
ユーザーが貸出申請を行い承認されたら、ステータスは自動的に「使用中」になり、使用者は貸出申請を行ったユーザーになります。

4. 使用場所・使用部門・使用者を選択

「使用中」を選択すると、「使用場所」「使用部門」「使用者」が選択できるようになります。
使用場所、使用部門、使用者ではスタートアップガイドであらかじめ設定した場所、組織、ユーザーを選択できるようになっています。

使用場所」で、アイテムを使用している場所を2階層つづけて選択します。

使用部門」で、アイテムを使用している部門(組織)2階層つづけて選択します。

使用者」で、アイテムを使用しているユーザーを2階層つづけて選択します。

非使用時の保管場所」では、アイテムを誰も使用していないときに保管する場所を選択しておきます。使用場所と同じく、あらかじめ「場所」で設定しておいたものが反映されます。

すべて入力できたら「保存」をタップします。

これでアイテムの登録が完了しました。
 
 

*製品情報が自動入力されなかった場合は下記をご参照ください。
逆引Q&A:製品情報が自動入力されない

この記事は役に立ちましたか? はい いいえ